忍者ブログ
  「佐藤彦五郎と土方歳三の姉ノブ直系子孫」が運営する資料館ブログです。佐藤彦五郎新選組資料館HPが替わりました。新しいHPはリンクから。またはこちらへ http://sato-hikogorou.jimdo.com/
Admin*Write*Comment
[505]  [504]  [503]  [502]  [501]  [500]  [499]  [498]  [497]  [496]  [495

6月20日は、歳三の新暦の命日です。

新暦に替わったのが、明治6年元日からとなりますが、
旧暦の明治2年5月11日・歳三の命日は、新暦では、6月20日にあたります。



歳三の命を受け、市村鉄之助は箱館五稜郭を脱出して、予め用意されていた横浜行きの船の中で出航を待ちました。
中島登の記録には、5月11日、市村鉄之助、行方不明とあります。

数日かけての航行で、6月末には横浜に着いたことでしょう。
東京の「大東屋」に立ち寄ったという記録がございます。後に大東屋から島田魁に送られた手紙にも書かれていました。
土方歳三から命を受けた遺品を届けに来たことや、質屋で刀を金に替えたこと。

それから身を潜めながら佐藤家までやってくるとなれば、数日は要すると思います。

佐藤家に着いたのが、新暦の7月3日といわれます。
やはり梅雨の時期なのですね。
日野の佐藤彦五郎の家にたどり着き、写真、遺髪、辞世の句や書付けなどを届けました。
ただ手紙はありませんでした。
勝沼戦争後、賊軍となり、彦五郎は新政府軍から命を狙われ、佐藤家は一家散り散りに逃亡生活になりました。
その後、多くの嘆願書により、一家差し構え無しとのことで許されますが、表立った行動は出来ません。

あれだけ手紙を寄越していた歳三が、そこから手紙を一切出さなくなりました。
父のように慕った彦五郎、唯一無二の甘えられる存在だったノブに、自分が関わることによって、なにか嫌疑がかかってはならないと、証拠に残る手紙を書けなかった歳三の気持、痛々しく切ない思いを感じます。
歳三の一番大切な身内への心遣いは、市村鉄之助に伝言としてもたらされました。

「われ、日野佐藤に対し、何ひとつ、恥ずるべきことなきゆえ、どうかご安心を」

宇都宮、会津、仙台、箱館へと、もっと沢山、彦五郎やノブに伝えたい手紙を出したかったことでしょう。

その後、明治四年(1871年)までの約2年間、歳三の遺言どおり、佐藤家で匿われました。

歳三の冥福をお祈りいたします。


「彦五郎忌・新選組講演会」の予約も受付中です。メール、またはお電話でお申し込み下さい。

Eメール 佐藤彦五郎新選組資料館


拍手[8回]

PR



COMMENT
Name
Title
Color
Mail
URL
Text
Pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret
カレンダー
04 2019/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 18
20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
フリーエリア
最新CM
[05/20 鉄砲の妻N]
[05/19 霍潇かくしょう]
[05/19 霍潇かくしょう]
[05/16 赤井田柚美]
[01/08 夢酔藤山]
[10/22 赤井田柚美]
[07/25 濱田]
プロフィール
HN:
fukuko
性別:
女性
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
Copyright ©      佐藤彦五郎新選組資料館日記『福子だより』 All Rights Reserved.
photo by RHETORIC material by Atelier Black/White Template by Kaie
忍者ブログ [PR]