忍者ブログ
  「佐藤彦五郎と土方歳三の姉ノブ直系子孫」が運営する資料館ブログです。佐藤彦五郎新選組資料館HPが替わりました。新しいHPはリンクから。またはこちらへ http://sato-hikogorou.jimdo.com/
Admin*Write*Comment
[218]  [217]  [216]  [215]  [214]  [213]  [212]  [211]  [209]  [208]  [207

小峰城。
此処は、昨日、主人と参りました。
震災のため、城内は立ち入り禁止ですが、今日は特別に、フェンスの鍵を開けて頂き、中に入らせていただきました。

小峰城

小峰城跡

石垣が崩れたところを、歩き進んでいきましたが、震災の凄さを、正に目の当たりに致しました。この惨状には、胸が痛み、復元も容易ではないのではないかもしれません。

城写真
(戊辰戦争で、激戦地となった白河。小峰城は焼失)

脇本陣柳川旅館跡。
此処も、特別に蔵屋敷の中に入れて頂きました。
浅田氏は、ご主人に「襖(ふすま)の下ばりも大切にして下さい。斉藤一の書簡とか、出てくるかもしれない。」と言っておられました。
日野宿本陣の襖の下ばりも、調査したようですが、当時、書いたものが、使われたりするので、今となっては、重要な書物が出てくるということでしょう。

当家にも、まだ手つかずの古文書類もございますが、大切に保管しております。

楽蔵・白河見聞館。
植村氏が、詳しくガイド下さいました。浅田氏は、副総督の会津藩・横山主税をお好きなようでした。

houmei
(浅田先生とご芳名帳にサインさせて頂きました。)

昼食は、楽蔵内の和食処「花路」。浅田氏とも、和気あいあいの話しが進み、とても良い昼食会となりました。

昼食

色紙にサインをして頂きましたが、大変達筆で、「誠」と入れてくださいました。
当資料館に展示させて頂きます。

昼食後、浅田氏とS氏は、新幹線でお帰りになられるので、お見送りさせて頂きました。

その後、私は、「歴史民族資料館」「鹿嶋神社」等を巡り、帰路に着きましたが、浅田氏が、作家の視点でお話し下さる言葉には、感銘を受け、大満足の白河探訪となりました。
植村氏、安司氏を始め、お世話頂きました皆様方に、感謝いたします。

拍手[6回]

PR



COMMENT
Name
Title
Color
Mail
URL
Text
Pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret

TRACKBACK
TrackbackURL:
カレンダー
04 2019/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 18
20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
フリーエリア
最新CM
[05/20 鉄砲の妻N]
[05/19 霍潇かくしょう]
[05/19 霍潇かくしょう]
[05/16 赤井田柚美]
[01/08 夢酔藤山]
[10/22 赤井田柚美]
[07/25 濱田]
プロフィール
HN:
fukuko
性別:
女性
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
Copyright ©      佐藤彦五郎新選組資料館日記『福子だより』 All Rights Reserved.
photo by RHETORIC material by Atelier Black/White Template by Kaie
忍者ブログ [PR]