忍者ブログ
  「佐藤彦五郎と土方歳三の姉ノブ直系子孫」が運営する資料館ブログです。佐藤彦五郎新選組資料館HPが替わりました。新しいHPはリンクから。またはこちらへ http://sato-hikogorou.jimdo.com/
Admin*Write*Comment
[543]  [542]  [541]  [540]  [539]  [538]  [537]  [536]  [535]  [534]  [533

江戸東京博物館で開催の「坂本龍馬・特別展 没後150年」に
行って参りました。

坂本龍馬さんと土方歳三はいくつか共通点があります・・・
同じ年(天保6年)に生まれで、共に末っ子。
筆まめで、特によく云われているのが、姉思いだったこと。
すぐ上の姉(共に4歳ほど上)、龍馬さんは乙女、歳三はノブ
を母のように慕っていた。等々・・・

さて、江戸博に着くと、会期終了間近ということもあってか、
11時でかなりの混雑。
駐車場にも大型バスが5台程止まっており、団体さんや修学旅
行も生徒さんも見学しておりました。





入館してすぐの一章「龍馬の生まれ育った時代」(錦絵)は混
雑しており、後回しに・・・
お楽しみの龍馬書簡の三章「龍馬の手紙を読む」へ。
混んでいました。また動きません。進みません・・・
という私も、ガラス面に顔をくっつけたまま、書簡を全部読み
終わるまで動かずで、ご迷惑をお掛けしましたemoji

現存している龍馬書簡は140通もあるとのこと。
ここでは14通がダァーと並んでいるのですが、最近発見された
暗殺5日前の書簡も!

京都国立博物館の宮川氏がビデオで説明されていた「こんな手
紙は初めてです」乙女・おやべ宛、慶応元年9月9日書簡が見
当たらず、係員に尋ねたところ、6月4日までの展示との事。
残念でした。
5/23〜6/4が15通
前期のみが8通
後期のみが14通

二章「土佐脱藩と海軍修行」は撮影可



四章が「龍馬の遺品」
五章「薩長同盟から大政奉還 ーそして龍馬の死後ー」では、
鞆殿(おりょう)宛書簡が一通だけ現存、展示されていました。
近江屋・井口家に伝来との理由が後に解明いたしました。

七章まで4時間近く見学いたしました。




ショップで、書簡レプリカの販売があり(15,000円〜42,000円)

足が限界でしたが、もう一箇所頑張って「ホテル東京雅叙園」へ
ここでは、高知県立坂本龍馬記念館・巡回展が・・・これがすご
い!

この続きは、また後日UP致します!

拍手[4回]

PR



COMMENT
Name
Title
Color
Mail
URL
Text
Pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 5 6 7 8
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
フリーエリア
最新CM
[10/22 赤井田柚美]
[07/25 濱田]
[07/17 NONAME]
[04/25 深津恵理]
[01/05 misayo]
[11/15 赤井田柚美]
[08/23 よし]
プロフィール
HN:
fukuko
性別:
女性
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
Copyright ©      佐藤彦五郎新選組資料館日記『福子だより』 All Rights Reserved.
photo by RHETORIC material by Atelier Black/White Template by Kaie
忍者ブログ [PR]