忍者ブログ
  「佐藤彦五郎と土方歳三の姉ノブ直系子孫」が運営する資料館ブログです。佐藤彦五郎新選組資料館HPが替わりました。新しいHPはリンクから。またはこちらへ http://sato-hikogorou.jimdo.com/
Admin*Write*Comment
[265]  [264]  [261]  [263]  [262]  [260]  [259]  [258]  [257]  [255]  [254

限定予定数170本。完全予約制です。
4月21日(日)開館日にお渡しできるよう、制作を急いでおります。
先着順でご予約を承りますので、メールにて、ご住所、お名前を記してお申し込みください。
追って、詳細をお知らせいたします。
メールアドレス d-fab@m2.hinocatv.ne.jp
予定販売価格 4,500円
当資料館にて受渡しいたしますが、郵送も承ります。(別途送料がかかります)

笛の箸入れは試作の段階にも関わらず、多くのご注文ありがとうございます。

販売価格も決まらない理由は職人さん方の手作業によりますので、
どれほどの手間がかかるものか「作ってみないと解らない」の一言でした。

出来上がる工程をご覧下さい。

発案:そば処「ちばい」亭主 谷 享司さん(日野市)
新選組研究の第一人者と言われた故谷春雄氏の長男、日野の郷土史の研究などもしています。
父君が木工の職人さんだった事から、木工や塗装に詳しく職人さんとの打ち合わせに立ち会っていただきました。
また、新選組ファンの間では幻のグッズ「歳三竹」を企画、制作したのも同氏です。

本体制作:渡辺木工挽物所
      渡辺雅博さん(八王子市寺町)



ネット上で何軒も問合せをし図面を送りましたが、一様にこの様な形状のものはできませんという回答でした。
そのような中、「この電話番号は立川市ですか?」「いいえ、日野市です」
「近いから一回来てみませんか」と誘いを受けました。
デザイン画と龍笛の写真を持って谷さんと二人作業場に着くと、ご本人と強い木の香りが出迎えてくれました。
「最近は、この仕事をやる人が減ってネットに出しておけば仕事はいくらでもあるんですが、難しい仕事や面倒な仕事はやりたがらないんです」と話されました。
打合せ中、「これは難しい」とニコニコする所がやはり職人さん。最後に「来週来てみて」声を聞き作業場を後にしました。そして・・・
とりあえずサンプルを作って下さいました。



削り出してみると直線的では笛らしく見えないとの渡辺さんの判断で、アールを入れて作り直しを繰り返し、
3本のサンプルが出来ました。
薄くなると木が割れてしまい、失敗もあったそうで、職人さんの経験と勘の作業です。
持っていった1枚の写真から、ここまでリアルに出来上がりました。

次回は塗り職人さんの制作工程です。

拍手[4回]

PR



COMMENT
Name
Title
Color
Mail
URL
Text
Pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新CM
[07/25 濱田]
[07/17 NONAME]
[04/25 深津恵理]
[01/05 misayo]
[11/15 赤井田柚美]
[08/23 よし]
[05/13 赤井田柚美]
プロフィール
HN:
fukuko
性別:
女性
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
Copyright ©      佐藤彦五郎新選組資料館日記『福子だより』 All Rights Reserved.
photo by RHETORIC material by Atelier Black/White Template by Kaie
忍者ブログ [PR]