忍者ブログ
  「佐藤彦五郎と土方歳三の姉ノブ直系子孫」が運営する資料館ブログです。佐藤彦五郎新選組資料館HPが替わりました。新しいHPはリンクから。またはこちらへ http://sato-hikogorou.jimdo.com/
Admin*Write*Comment
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7

12月12日(火)
現在、調布市郷土博物館で行われている、大政奉還150周年記念企画展「近藤勇と調布の幕末維新展」に行って参りました。



先日、龍馬会でこの企画展の資料をいただきましたが、公開中の展示資料の中に佐藤家に関わる資料の展示があります。甲陽鎮撫隊後、彦五郎の逃亡先である羽生家に残した三浦休太郎宛の近藤勇の書簡です。

甲陽鎮撫隊とともに戦った勝沼戦争で惨敗し、彦五郎は新政府軍から命の狙われ、一家離散して逃亡生活を致します。
彦五郎はノブ、そして末娘ともを下女におぶわせ、大久野村(現・日の出町)の羽生家にひと月ほど匿ってもらったという経緯があり、その時にお礼とともに置いてきたものです。
その書簡が公開されています。過去に日の出町での公開はあったそうですが、私は初めて目にするもので、保存状態も大変良いものでした。

羽生家までの暗夜行を彦五郎とノブはどのような気持ちで山を越えたのか。
「雉子(きじ)啼くや 躓く(つまずく)石に のこる闇   盛車(彦五郎)」という句を残しています。

命惜まず彦五郎たちを匿ってくれた羽生家に、改めまして感謝申し上げると共に、この度公開下さった羽生兼五様に御礼でございます。

また近藤勇養子縁組状も美しく表装され展示されておりました。

なんてことでしょう。見学して間もなく宮川清蔵氏ご子息の清志様とばったりお会いいたしました。
やはり見学に来られたとの事。
学芸員の金井氏のご案内でご一緒にすることとなりました。

その後、高野館長が戻られたとのことで、ご挨拶にお見えになりましたが、館長は八王子・日野市とも大変ご縁のある方で、嬉しくなりました。

偶然は重なり、清志氏もご存知なかったことですが、午前中に宮川清蔵氏もお出でになられたとのことです。

閉館時間まで居ましたが、感慨深い時間でした。

P.S 退館間際に龍馬会でご一緒だったM女子をもお会い致し、度重なる偶然でした。

12月17日までの特別展となっております。




(宮川清志さんと)


拍手[4回]

PR



12月9日(土)
日野市産業振興課の小松様、新選組のふるさと歴史館・館長の金野様の依頼により、朝9時45分、日野宿本陣(旧・佐藤彦五郎邸)にて、外国人ツアーの皆様をお迎えいたしました。





日野散策組の方、日野宿交流館、日野宿本陣の皆様と駐車場のところでお待ちしておりますと、ガイドの会・会長の芹川様の案内で19名の客人がお出でになり、段だら法被と鉢金のコスチュームに変身、見学されました。

参加者の国籍は、イギリス、中国、ポルトガル、台湾、フィンランド、ネパール、ベトナム、チェコ、スウェーデン、など様々・・・
オリンピックに向け、多くの外国からのお客様が日野市を訪れて下さるよう、観光のPRを発信していただき、当資料館もご協力させていただく所存でございます。







拍手[3回]




12月2日(土)
武蔵野ふるさと歴史館にて行われました、小島政孝氏「幕末から明治にかけての剣術事情」の講演会に行って参りました。

レジュメも9ページに渡り、興味深く勉強いたしました。
「聞きがき新選組」にも記載のある島田某との剣術手合わせ申し出の件は「梧山堂雑書」元治元年4月29日にも記述があります。

「先ず、双方共、安堵の事御座候」とあるものの、島田某とは、鹿島神伝15代・嶋田孝三で、2代目島田虎之助を名乗っていたとのことでした。
戯れ文を残しており、彦五郎をケチョンケチョンにしておりました(可哀想なので省きます)

講演会の後、31人会面々の清水隆氏、佐々木氏、吉田女史と私で小島先生を囲み、お茶で雑談に花が咲きました。





拍手[2回]




先日、朝9時に都営地下鉄「新宿西口駅」に集合し、伊東先生のご案内で、わたくしと主人
「伊東先生と行く新選組史跡巡りツアー」の下見をして参りました。


(都営地下鉄・新宿西口駅改札付近)

先ず最初に降りたのが牛込柳町駅。
試衛館跡が暫く行っていない間に様変わりしていたのには驚きました。
横の稲荷社は、伊東先生曰く、近藤勇、沖田総司、山南啓助、永倉新八なども剣術の上達を祈って手を合わせたことでしょう。
その周辺にも近藤勇邸跡、ゆかりの欅など、見所もあったのですね。
この辺りの道路は、幕末当時のままだそうです。


(二十騎町。丁目の付かない昔ながらの町名。この辺は市谷加賀町や市谷甲良町など当時の町名がある)


(試衛館跡と稲荷社)

牛込柳町駅から飯田橋駅へ移動。
「東京メトロ・都営地下鉄共通一日乗車券」900円をしておいたことで
乗り継ぎがスムーズに出来ました。
ただエスカレーターでの移動が多いため、全員揃っての乗車には少し時間がかかってしまうのが心配でした。

飯田橋駅から水道橋駅まで、道場跡など史跡6カ所を説明を聞きながら歩きました。
やや急足だったため、疲れはそれほど感じませんでした。


(牛込橋はかわいいお城の親柱)


(突然、お城の石垣が出現します)



地下鉄で水道橋駅から春日駅へ。
浪士組集合地である処静院跡。伝通院に集合ではなかったことも初めて知りました。


(伝通院への参道)


(浪士組結成の地、伝通院のそばにある処静院跡)


(伝通院。千姫など徳川家や清川八郎のお墓がある)

永倉新八住居跡にあるファミレスで昼食後、藤田五郎(斎藤一)住居跡へ坂を登りましたが、現在は駐車場でした。


(数年前、蔦の絡まる家だったのが、現在は駐車場に)

後楽園駅から御茶ノ水駅へ丸ノ内線で移動。
藤田五郎の勤務地、可愛らしく鬼龍子(狛犬的)と大成殿の屋根には、鬼犾頭が迎えてくれる東京高等師範学校跡(現湯島聖堂)では、当時のまま残されていた石畳、石段に感激!全く知りませんでした。




(大成殿。斎藤一も何度も見たでことでしょう)

次の、青山霊園では加納鷲雄墓、篠原泰之進、大鳥圭介、大久保利通墓等幕末関連墓を何カ所も回ったのですが、伊東先生はあの複雑な区域を間違うことなく案内下さったことには、敬服致しました。
かなり早いペースで歩いたのですが、あまりに広い墓地で忠副館長は、もう限界っぽい宣言。
この青山霊園は、かなり強行スケジュールのなる為、今回の企画では残念ながら断念し、次回別のツアーでということになりました。
楽しみにしております。
代案として、坂本龍馬や土方歳三も訪れた赤坂の勝海舟邸跡となりました。



最後は、伊東先生が沖田総司終焉地にしたいとの希望もあり、下見はここで終了いたしました。


(ここは川の流れがあった所で、溝がそのまま残っている)

新発見の名所もあり、かなり充実した内容となっておりますが、地下鉄の乗り継ぎ、箇所箇所のコースは、伊東先生が何度も回って下さいました。

当日は晴天である事を祈るばかりですが、ご参加される皆様方、呉々も迷子と事故のない様、楽しみましょう。


(伊東先生の「江戸・幕末を切絵図で歩く」。当日、ご持参されればサインが頂けると思います)

拍手[9回]




8月26日(土)年一度だけの御墓参り

専称寺に到着いたしますと、山村竜也ご夫妻、結喜しはや氏、関係者の皆様方が出迎えてくださり、有り難く墓参させて頂きました。


(専称寺の山門)


(作家の結喜しはや氏と墓参)

午後の講演会は、朝日新聞社記者・石飛徳樹氏による、新選組の映画ついて、映像を交えながらのお話しを拝聴いたしました。


(大出俊幸さんが石飛徳樹氏をご紹介)

従来の講演会と異なり、視聴者参加型と申しましょうか、楽しく進みました。

昭和初期に無声映画は100本以上作られていたとの話には驚きましたが、その一本が、昭和4年の「剣士・沖田総司」なのですね。
この映画のエピソードを少しお話しさせていただきました。

映画の紹介も「鞍馬天狗」から、石飛氏が最も好きだという「蒲田行進曲」まで・・・

やはり「燃えよ剣」は圧巻です。
当資料館でも来館のシニア世代の方々は、栗塚旭さんと島田順司さんに影響されて・・・のお声が多いです。
この年齢になると、昔の白黒映画はストーリーや役者さんを追うだけでなく、映像の撮り方や光と影の効果までが、計算されていることに感心いたします。

久々、無性に古い映画が観たくなり、家路につきました。


(先月の「士魂 Remember」で主役。俳優の萬さんと)


(作詞・作曲で新選組のCDを出した稲畑氏)


(歴史研究家・釣氏)


(京都・旧前川邸の田野氏)


(歴史研究家・山村氏)


(天然理心流試衛館・高鳥氏)

拍手[9回]




8月20日(日)

本日開館日でしたが、開館前、新選組お抱えの刀匠・吉之のご子
孫からご連絡があり、一番にお出でくださいました。
ご挨拶予々資料をご持参され、話しておりますと、開館間もなく、
ひの新選組まつりで隊士コンテストで、隊長に選ばれたひのパレ
の皆さんが、当資料館に集結されました。

場が華やかになりましたところに、幕末歴史研究家の第一人者・
伊東成郎先生が打合せにお見えになられ、何かに導かれるよう
に、新選組に関わる皆様が大集結するという、希少な幸運がご
ざいました。

ひのパレの斎藤一・隊長ASさんから、前もって新選組隊士の隊
長役を務められた皆様が当資料館にご挨拶来られる旨、ご連絡を
いただいており, 斎藤一 役を始め、ミスター土方、近藤勇、沖田
総司、井上源三郎、藤堂平助、谷三十郎役の皆様は、資料解説に
大変熱心に耳を傾けられていました。

ひの新選組まつり初日の隊士コンテストでは、毎年審査員をさせ
ていただいており、皆様の迫力あるパフォーマンスには感心する
ばかりでしたが、パレードでも、立派に隊士役を務めて下さいま
した。
それぞれ隊長を務めただけあって素敵な隊長たちでした。


(ひのパレ隊長の皆さんと)

伊東先生からは、先般、俳句について資料をお送りいただいてお
り、
当家所蔵の高浜虚子、祖父の佐藤仁など俳人の集合写真のお話も
したかったのですが、所用があるとの事で早々に帰られてしまい
大変残念でしたが、これについては次回もう少し詳しく書かせて
いただきます。

午後には、歴史タレントの小栗さくらさんがお出でになりました。
現在『さくらゆき』として歌手は元よりタレント業も、大河ドラ
マのイベントではトークショーの司会などでも活躍されています。
ちょうど多くのお客様が帰られた後でしたので、ゆっくりお話す
ることができました。
大変興味深い話をしましたので、こちらも後日改めてUPいたしま
す。


(歴史タレント、小栗さくらさんと)

今日は本当にたくさんの方々にお会いした、めまぐるしくも楽し
い日でした。

ひのパレ隊士の皆様には、ぜひ来年のひの新選組まつりにもご参
加いただいて、盛り上げて下さることを楽しみにしております。

ひの新選組まつり、ならびに、日野市の各新選組資料館をこれか
らもよろしくお願いいたします!


(新選組お抱えの刀匠、吉之のご子孫と)

別便で、吉之についても改めて書かせていただきます。

拍手[3回]




以前、講談社 ARIA編集部様から殿ケ谷美由記氏著「だんだらごはん1」を頂きましたが、続いて2巻が送っていただきました。
誠にありがとうございました。

ドラマCD発売決定とのこと、おめでとうございます。

第1巻を拝読致し、着眼点も面白く楽しみにしておりました。

著者の殿ケ谷氏、江戸期の食のレシピを載せるあたり、随分研究ご苦労された事と存じます。
特に「江戸ラーメンかけ」は料理好きの私といたしましても、大変興味あるものでした。

殿ケ谷美由記氏の益々のご活躍を楽しみにしております。



拍手[5回]




7月20日(木)
「士魂 Remember」舞台劇初日を観賞致しました。

福子新選組倶楽部のKさんと丁度一緒になり、頼もしい限りでした。
Kさんは芝居に詳しく、さすがプロです。この演劇、随分手慣れていますよと言われました。
それもそのはず、実は15年前に初演され、3回目の上演となるとのことでした。
演出も展開も素晴らしかったです!

ご存知の通り、萬さんは何度も勉強に足を運ばれておられましたが、その成果がはっきり表れた舞台でした。
萬さんの沖田総司役、スーツ姿にも笑えましたが、一変して剣豪となってからの立ち回りはお見事でした。
沖田総司の三段突き、初めて見ました。
坂本龍馬のセリフ、その通りです。

今までの新選組の芝居とは、全く違う味となっており、見応え充分でした。

初日はほぼ満席でしたが、23日(日)まで、残り6回公演があり、チケットも多少余裕があるとの事です。
是非ご覧ください。
萬さん、またこの演劇のファンになる事、間違いなし!です。

新宿シアターサンモールにて、残りの公演は次の通りです。
21(金)14:00〜  19:00〜
22(土)14:00〜  19:00〜
23(日)12:00〜  16:00〜



(フィナーレ)





(元SHAZNAのギタリストのAOIさん。劇中のサウンドクリエイター。主役の萬雅之さんは実弟とのことです)


(萬 雅之さんと)


(萬さん、市村鉄之助他・帆之亟さん、私、土方歳三役・野口尋生さん)

拍手[5回]




7月15日(土)
薄桜鬼・刀剣展、9時オープニングのため、20分前に会場の家康館に到着しました。
すると、暑い日差しの中、ファンの女子が並んでおられ、お気の毒のよう....関係者の方々も熱中症の心配もしておられました。



展示会場は3つあり、特別展示室に近藤勇、土方歳三、沖田総司、斎藤一、坂本龍馬等の所縁の刀や品が展示されています。
1階展示室には、高杉晋作、吉田松陰等。
第3会場は岡崎城2階展示室で、永倉新八、原田左之助、藤堂平助等になっています。

CBCテレビと東海愛知新聞の取材を受けました。


(東海愛知新聞 7月16日付)

刀剣女子の皆さんは、じっくり刀を鑑賞されており、薄桜鬼ファンの方々は、グッズ・コーナーで興奮されておりました。

また有名刀匠の先生方の作による小刀、ペーパーナイフの販売もありました。



長船鍛錬場からお出での刀匠・川島氏による「銘切」は、行列となっておりました。


(銘切の様子です)

開催日は下の画像



拍手[3回]




7月14日(金)オープニング前日
炎天下の中、岡崎城に到着しました。
ご関係者の熱烈歓迎を受けました。




武将隊の本多忠勝殿と。(薄桜鬼では、斎藤一)


薄桜鬼グッズ担当者のオススメはタペストリー。


こちらは沖田総司のタペストリー....だそうです。

昨年は、長船刀剣博物館でお世話になった全日本刀匠会理事・坪内氏と刀匠・川島氏の手入れにより、無事展示(撮影禁止です)


越前康継の展示も無事終了しました。刀掛けはアクリスで見やすい。

会場には、13振りの刀を展示、銃の展示、綿の御旗があり、見応え充分です。






御旗


▲幕末期、高価なため身分のある者しか所持しえなかった護身用拳銃。
エリーホイットニー社製。
当時、輸入された数は極く少数で、大変希少なものである。

家康館の地下展示場には、家康の生涯が解りやすく説明されていました。
幼少の人質時代と三河武士との繋がりは、とても勉強になりました。

特に「決戦!関ヶ原」のジオラマは迫力があり、必見です。

夜には関係者の皆様方と席を設けて頂き、日野での歳三のエピソード等、歓談いたしました。

拍手[4回]



カレンダー
05 2018/06 07
S M T W T F S
4 5 6 7 8 9
10 11 13 14 16
17 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新CM
プロフィール
HN:
fukuko
性別:
女性
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
Copyright ©      佐藤彦五郎新選組資料館日記『福子だより』 All Rights Reserved.
photo by RHETORIC material by Atelier Black/White Template by Kaie
忍者ブログ [PR]