忍者ブログ
  「佐藤彦五郎と土方歳三の姉ノブ直系子孫」が運営する資料館ブログです。佐藤彦五郎新選組資料館HPが替わりました。新しいHPはリンクから。またはこちらへ http://sato-hikogorou.jimdo.com/
Admin*Write*Comment
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7

6月24日(日)
箱館戦争と碧血碑(碧玉の志士たちの150回忌)

「八百の 夏星の待つ 蝦夷の旅   ふう車(佐藤福子)」

碧血碑前慰霊祭に副館長とともに参りました。

今回は、福子倶楽部会員の2名と同行で、レンタカーを借りてくださっていたので、移動が本当に助かりました。
碧血碑前受付で、白鳥さんとお姉様の平澤さん、榎本隆充さんにご挨拶した後、碧血碑前に参りますと、いつもと違う棟札に気付きました。
すると、北海道東照宮の大谷宮司様による慰霊が始まり、びっくり致しました。
今までは仏式での法要でしたが、今年は追悼150回忌ということで、碧血碑前では神式、明日、實行寺では仏式という特別な法要が行われるとの事でした。
これは150年ぶりに当時のまま再現された本当に特別な事でした。
私も歳三の子孫でもありますので、遺族として玉串を捧げさせて頂きました。





6月25日(月)
實行寺・本堂にて、150回忌大法要



私は初めて本堂に参り、望月僧侶様による法要に参列いたしました。
2年前、大雨のため、碧血碑前ではなく本堂で行われたということですが、立派な本堂に席が設けられ、昨日に引き続き、榎本さんご家族もおいでで、ご子息様ともご挨拶させて頂きました。
法要後は、五島軒でのトークショー、会食と続き、19時に閉会となりました。

2日間に渡る特別法要に参加出来ました事、函館碧血会の皆様方に改めて御礼申し上げます。

「八百の 魂は夏星 蝦夷の旅   ふう車」





拍手[7回]

PR



6月3日(日)
本日、演劇・TAFプロデュース、担当の林さんが、再びお出でくださいました。

6月8日から、幕末疾風伝・MIBURO〜壬生狼〜のお芝居をされますが、事前調査で当資料館と旧佐藤彦五郎邸(日野宿本陣)を大変熱心に見学されました。

ひの新選組まつりの時、新選組同好会・流山隊の松下隊長と共に当資料館にいらしてくださいましたが、昨年、松下隊長がお芝居を見られたところ、素晴らしかったと太鼓判でした。



私と松下隊長は6月9日(土)昼の部に観劇させていただきます。

海外公演でも大成功を収めた実績がおありとの事です。
PRさせていただきます。








拍手[1回]




ひの新選組まつり_13日(日)

まつり前日、高幡不動尊にて隊士コンテストがございましたが、13日は隊士の皆様によるパレードが行われます。
日野宿をぐるりと回り、当資料館の前の通り(彦五郎通りと名付けられています)も通っていきますが、毎年2周するところ、今回は雨の影響で1周のみとなってしまいました。
本当に残念です。

パレードの隊士の皆様の、大変勇壮な堂々たる姿を拝見することができ、資料館から手を振りましたが、沿道も大いに盛り上がっていました。


今年のミスター土方。素敵です。


斎藤一さんも人気です。


源さんの姿、勇猛です。


馬上の近藤勇さんも勇ましい姿です。




皆様、お疲れ様でした。

拍手[4回]




平成30年5月12日(土)
第21回ひの新選組まつり・隊士コンテストが行われました。

午前中、近藤勇・兄ご子孫の宮川清志様が当資料館にお出でになり、資料を見学された後、歳三忌、隊士コンテストにもご一緒致しました。

隊士コンテストでは、ご参加の皆様の気合の入った素晴らしいパフォーマンスが繰り広げられました。
衣装から演技から、ここまで準備され、やっと迎えたコンテストですので、皆様の熱意に圧倒されるとともに、誰もが隊士役になれる実力を兼ね備えておられます。

さくらゆきさんも、MCや歌にと大変だったことと存じます。
いよいよ明日はパレード本番です。

拍手[1回]




5月13日(日)
ひの新選組まつり2日目、朝8時に新選組隊士・中島登さんご子孫の中島大成さまよりお電話が有り、ご子息の岳大様とご兄弟(妹さん)が、当資料館を見学されたいとの事でした。

道路事情も良かったようで早く到着されましたが、お目にかかりすぐ大成様と似ておいでにびっくり致しました。
ご住職をされている大成様には、お会いする度にお気遣いいただいて恐縮しきりですが、岳大様も心のこもったご挨拶で、一つ一つお言葉も大成様同様ご丁寧でした。

お互い、新選組隊士について、熱いお話に盛り上がり、隊士ご子孫が彦五郎を訪ねにお出で頂けることに、感謝申し上げます。

その後、日野宿本陣もご案内したところ、佐彦会会長、松崎氏が本日のガイドでおいでになり、大成様ともメールでやりとりされているとの事、大変喜ばれておりました。

「ひの新選組まつり開会式典」に出席のため、ここで中島様とお別れし、ご自由に日野を回られましたが、ご都合がつかなかったお父様に代わって立派にお務めされました。


(岳大さん、妹さんと)


(長女と一緒に)

拍手[5回]




5月12日(土)

午前中、近藤勇ご子孫の宮川清志様が、当資料館にお出でくださいました。
お父様の清蔵様は、天然理心流稽古のため、本日は清志様が法要とコンテストにもご参加くださいました。

「資料館には、早く伺いたかったのですが...」と大変熱心に見学されておりました。
石田寺まで、その後は、高幡不動まで車で送らせていただきました。

コンテスト終了は夕方でしたが、ほぼ一日清志様は日野の行事におつき合い下さり、感謝申し上げますと共に、今日一日お疲れさまでございました。



拍手[4回]




林栄太郎氏編集・昭和48年三十一人会発行の幕末史研究 No.44『浪士姓名簿』復刻版(税込¥2,300)がこの度発行され、小島資料館と当資料館でもお取り扱いしております。

あさくらゆう氏談「これは昭和13年に発行された古書店の目録も『浪士姓名簿』が写真入りで高額出品されるが、世間に出ることはなかったものだった。それが平成29年ネットで東大法学部図書室の所蔵を知り閲覧した処、紛れもない原本と確認した」との事。

『浪士姓名簿』の全写真と小島政孝氏、清水隆氏、お二人による解読がされております。
また殉節両雄之碑解説・故・赤間倭子氏執筆による「斎藤一の謎と生活」「宮川信吉の生家に就いて」等、昭和48年出版当時の投稿も掲載されております。

お持ちでない方も多いろ思いますので是非!

拍手[1回]




4月22日(日)
近藤勇151回忌・新選組隊士供養祭に行って参りました。

見事な快晴の中、大出俊幸様、近藤勇 兄ご子孫・宮川清蔵様、ご子息・宮川清志様、旧前川邸・田野一十士様、日野新選組同好会名誉会長・峯岸弘行様、流山隊隊長・松下英治様等、ご臨席されました。

寿徳寺・第25世ご住職・新井京誉様よりのご挨拶では、高幡不動尊・川澄貫主のお元気な頃のエピソードもお聞きする事が出来、嬉しい限りでございました。

お久し振りにお会い出来た方々もおりまして、感謝!

その後、即行、帝都龍馬会主催「龍馬の手紙を読む」講座に出席するため、お仲間と八王子に向かいました。





拍手[5回]




4月8日
毎年、お参りしておりました勇忌ですが、今年は前々から予定があったため、残念ながら欠席となりました。
流山隊の松下隊長からも是非とお願いされながら、申し訳ございませんでした。

当日は、記念展、記念行事などたくさんのイベントも盛況だったことでしょう。
企画された大出様、渡邊様、松下様、本当にご苦労様でございました。

拍手[5回]




1月13日(土)
現在、日野市立新選組のふるさと歴史館に於いて、
没後150年「新選組 井上源三郎〜八王子千人同心と新選組の幕末維新〜」が催されています。
新選組研究家の清水隆氏がご覧になりたいとの事でしたので、再び行って参りました。

2時より井上源三郎資料館館長の井上雅雄氏の解説がありましたので、それに合わせて伺いましたが、午前中は演武があり、好評だったようです。

40人近くの参加者があり、歴史館の金野館長とのチームプレーで解説はとても分かりやすいものでした。
井上家に伝わるお話しを聞く事が出来ました。

次回は2月10日(土)も急遽午前中に演武も行う事が決まり、その後2時より解説になるそうです。
その後、長い時間お話しいたしましたが、清水隆氏は地道に研究・古文書の解説を日々されており、楽しみはご自分で発掘された新選組隊士のご子孫とお会いする事とのことでした。



拍手[4回]



カレンダー
09 2018/10 11
S M T W T F S
1 2 4 5 6
7 8 10 11
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
フリーエリア
最新CM
[09/29 ルイヴィトンスーパーコピー]
[05/16 赤井田柚美]
[01/08 夢酔藤山]
[10/22 赤井田柚美]
[07/25 濱田]
[07/17 NONAME]
[04/25 深津恵理]
プロフィール
HN:
fukuko
性別:
女性
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
Copyright ©      佐藤彦五郎新選組資料館日記『福子だより』 All Rights Reserved.
photo by RHETORIC material by Atelier Black/White Template by Kaie
忍者ブログ [PR]